今治フェイスタオルが人気の理由

今治フェイスタオルといえば、お祝いやお返しの品として選ばれることの多い、人気のある商品です。
安心で安全な国内産の材料にこだわっており、その肌触りの良さ、吸水性の良さには定評があります。
職人さんが日々、肌触りの良さの向上を目指していることが伝わってくる商品がたくさんあります。
肌の弱い赤ちゃんにも安心して使えますし、大人でも肌の弱い人や自分へのちょっとしたご褒美に使用している人もいます。

今治フェイスタオルが選ばれる理由は、質感の良さはもちろんですが、日常生活で使いやすい点が挙げられます。
毎日の洗顔や手洗い、スポーツなどで汗をかいたときなど、タオルが使われる機会はたくさんあります。
使いやすいサイズの商品はもらう側にとってとても喜ばれます。

また、今治フェイスタオルはちょっとした高級品と位置付けられます。
普段、自分用に買うにはちょっと高価だけれど、贈る側になったときには手が届かないほどの値段ではなく、購入しやすい値段であることが言えます。

商品券やカタログギフトではなく何か物で贈りたいけれど、相手の好みが分からないといった場合に無難といえるのが、タオルです。
一言でフェイスタオルといっても、様々なデザイン、色、素材で作られたタオルがたくさん販売されています。
インターネットでも気軽に購入できますが、お店で実際に触ってこだわりの手触りを実感してみるとまた選び方の幅が広がります。

相手に贈る前に自分で購入して使ってみるのもおすすめです。

心地よいタオルに仕上げる洗濯や干し方の注意点とは

毎日使用するタオルは、いつまでもふんわりと心地良く使いたいものです。
しかし毎日洗濯するので、だんだんとゴワゴワになってしまいます。
しかしゴワゴワになってしまったタオルも、洗濯の仕方次第では、再びふんわりとした心地よいものにすることができます。
タオルをふわふわに仕上げる洗濯の注意点として、まずは洗剤の量に気をつけましょう。
洗剤は多く入れれば入れるほど、汚れが落ちやすくなるというわけではありません。
洗剤を入れ過ぎてしまうと、洗剤の成分がタオルに残る原因となるので、洗剤を入れる時は適量を使うようにしましょう。
また粉末洗剤を使う場合には、お風呂の残り湯などのぬるま湯を使うことできれいに溶かして使うことができます。
次にすすぎはしっかりと行うようにしましょう。
十分にすすぎができていないと、洗剤の成分が残ってしまうことも考えられます。
洗濯機の最後のすすぎの段階で、水40リットルに対してクエン酸を小さじ一杯、もしくは酢を大さじ一杯入れると、洗剤のアルカリ成分と中和されて、繊維がかたくなりにくくなります。
しかしクエン酸や酢を入れ過ぎてしまうと、洗濯機がさびる原因にもなるので、入れ過ぎには十分気をつけるようにしましょう。
そして干す場合にも、ちょっとしたコツを知っておくことでふわりとさせることができます。
干す前にタオルの両端を持って10回ほど振るようにしましょう。
これにより繊維が立ち上がるので、心地よい肌触りに仕上げることができるでしょう。

贈答品としてのタオルとその意味

贈答品としてよく用いられるタオルですが、プレゼントする名目や状況によって、込められる意味が変わってくることをご存知ですか?意外と知らない、贈答品としてのタオルに込められた意味についてご紹介します。

日本では、出会いや結びつきをよく糸に例えます。
糸を紡いで作られたアイテムは結婚祝いとして人気であり、タオルもその一つです。
また、好みの差があまり出ないことや、何枚あっても困らないことも、結婚して新生活を始める際の贈答品として好まれている理由です。

病気や怪我などの快気祝いのプレゼントにも好まれます。
全快を祝うとは言え、病気や怪我は繰り返したくない・残したくないものであるため、通常の快気祝いでは食品や洗剤といった消耗品が好まれます。
快気祝いとして贈るタオルは、使って劣化したら取り換えてなくなるという消耗品としての扱いになります。

プレゼントを贈る際に注意したいことは、ハンカチ類は贈り物としては適さないということです。
ハンカチは漢字で書くと「手布」と書くことから、「手を切る」という意味があり、失礼にあたることがあります。
なので、タオル生地であってもハンカチと受け取られてしまうようなサイズのものは選ばない方が無難でしょう。

祝いの贈り物として人気ですが、プレゼントする場面や状況によって少しずつ意味合いが変わってきます。
状況に合わせつつ、相手に喜んでもらえるような素敵な品を見つけてみてはいかがでしょうか。

タオルについた嫌なにおいの取り方とは

きちんときれいに洗濯したはずなのに、手や顔を拭いたらタオルから嫌なにおいがするという経験は、だれにでもあるのではないでしょうか。
この嫌なにおいの原因は雑菌です。
雑菌が繁殖する原因としては、洗剤のすすぎ残し、汚れ落ちが不完全、生乾きの三つの理由が挙げられます。

洗剤が多すぎてすすぎがうまくいってない場合や、反対に洗剤が少なすぎて汗や皮脂がきちんと落ちていない場合には、タオルに嫌なにおいが発生する可能性があります。
洗剤の量は適当に入れているという人も多いかと思いますが、きちんと表示通りの量を入れるようにしましょう。
また、汗を拭いたタオルやお風呂からあがった後に体を拭いたタオルを、濡れた状態のまま洗濯機の中に入れてしまうと、そこから雑菌が繁殖してしまいます。
なるべく早く洗うようにしましょう。

しっかりと乾いていない状態で畳んでしまうことも、においの発生につながります。
天日干しであれば風通しの良い場所でしっかりと乾かしましょう。
完全に乾かすことで雑菌はいなくなります。
乾燥機があるのであれば、乾燥機を使うのもよい方法です。
完全に乾かすことができ、ふんわりと仕上げることができます。

雨の日や梅雨の時期、外出して取り込めない場合など、部屋干しをするしかないという時もあるでしょう。
そのような場合はエアコンや扇風機を使うことで、においを抑えることができます。
タオルを取りかえる時期は人によって異なります。
汚れたり、こわごわし過ぎて使った時にかたい場合、へたってしまった場合には新しいものに取りかえるようにしましょう。

ふんわりしたバスタオルを選べば快適に使えます

お風呂は一日の疲れを癒すのに最適な場所なので、毎日湯船にはゆっくり時間をかけて、つかるようにしているという人は少なくありません。
湯船で全身を温めると血行が良くなるので、健康と美容のためにも毎日入るようにしたいですが、風呂上りに使用するバスタオルに気を使っていない人は意外と多いので、一度見直すようにしてください。

バスタオルは安いものだと、数百円程度で買えますが、生地の質が良くないので、1か月も持たないうちにボロボロの状態になることがあります。
糸がほつれてきたり、体を拭くときに布がざらざらするように感じることもあるので、そんなバスタオルを使うと、せっかくの入浴タイムが台無しになってしまいます。

最初から最後まで気持ちよくお風呂の時間を楽しみたいなら、バスタオルにも気を使うべきなので、出来るだけ質の良い商品を選んで購入するようにしてください。
ホテルに宿泊したときに利用できる、ふわふわのバスタオルを自宅でも使いたいと思ったら、今治タオルを購入することをおすすめします。
多くのホテルで採用されるほど人気が高いタオルなので、耐久性が高く、毛羽立ちが起こりにくいように作られているので、何度洗濯してもふわふわしていて、いつでも快適に使えます。
丈夫で長持ちするものは硬そうに感じるかも知れませんが、今治タオルは高品質の綿を用いて作られているので吸水性も高く、柔らかで、長期間使用してもふんわり感を保つことが出来ます。