贈答品としてのタオルとその意味

 贈答品としてよく用いられるタオルですが、プレゼントする名目や状況によって、込められる意味が変わってくることをご存知ですか?

意外と知らない、贈答品としてのタオルに込められた意味についてご紹介します。 日本では、出会いや結びつきをよく糸に例えます。糸を紡いで作られたアイテムは結婚祝いとして人気であり、タオルもその一つです。また、好みの差があまり出ないことや、何枚あっても困らないことも、結婚して新生活を始める際の贈答品として好まれている理由です。 

病気や怪我などの快気祝いのプレゼントにも好まれます。全快を祝うとは言え、病気や怪我は繰り返したくない・残したくないものであるため、通常の快気祝いでは食品や洗剤といった消耗品が好まれます。快気祝いとして贈るタオルは、使って劣化したら取り換えてなくなるという消耗品としての扱いになります。
今治フェイスタオルはこちらです。

 プレゼントを贈る際に注意したいことは、ハンカチ類は贈り物としては適さないということです。ハンカチは漢字で書くと「手布」と書くことから、「手を切る」という意味があり、失礼にあたることがあります。なので、タオル生地であってもハンカチと受け取られてしまうようなサイズのものは選ばない方が無難でしょう。 祝いの贈り物として人気ですが、プレゼントする場面や状況によって少しずつ意味合いが変わってきます。状況に合わせつつ、相手に喜んでもらえるような素敵な品を見つけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です